×

SHOPPING

CONTENTS

SHOPPING

HOME»  FLIGHT LOGBOOK/航空日誌»  FLIGHT LOGBOOK

FLIGHT LOGBOOK

  • 件 (全件)
  • 1

#364 誰にも消すことはできない自分のうちに湧く欲求

昔尹雄大さんにインタビューしてもらった記録です。
変わっていくわたし。変わっていく汽水空港。
ある時期の記録として貴重なアーカイブです。有り難い。
https://web.archive.org/web/20160201035010/http://www.mammo.tv/interview/archives/no364.html

2019-11-05 22:22:06

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

尹雄大のトークセッション vol.8 汽水空港オーナー、モリテツヤさんが語る「ペンギン村の経済」

【ピンポンパンポン】
 
2019年11月30日(土)19:00-21:00 (受付 18:40)
尹雄大のトークセッション vol.8 汽水空港オーナー、モリテツヤさんが語る「ペンギン村の経済」
を開催します。場所は阿佐ヶ谷地域区民センター 第二和室 (〒166-0004 杉並区阿佐谷南1丁目47番17号)です。
料金:2000円 (当日受付にて徴収します。)
 
汽水空港でもよく売れる『脇道にそれる〈正しさ〉を手放すということ』や『体の知性を取り戻す』の著者であり、インタビュアーでもある尹雄大さんとのトークです。
 
鳥取へ来てから8年、色々ありました。日本のどこかで畑をしながら本屋をやると決めてからは10年以上が経ちました。東日本大震災以前から見据えていた今の暮らし。当時はまだ「移住」という言葉も聞かなかったし、畑をするということもなかなか周りの友人からは理解され難いことだったような気がしています。
時代はこの10年でかなり変わりました。都市部を離れて畑をすることも理解されやすくなり、経済も相対的に貧困が加速しています。家を建てること、食べ物をつくること、自分で自分の納得のいく働きかたをつくることを求めること。10年前なら単なる変人扱いされていたことです(笑)
ようやく自分の理想とする生活の基盤ができつつあるというのが今の僕の状況です。10年経ってやっと。8年前に鳥取へ来た時は友人も一人もいなかったし、地方で暮らすということがどういうことなのか全然理解していませんでした。自分が車を買うことになるなんて考えてもいなかった。そのぐらいのレベルで地方の交通事情や生活スタイルが分かっていなかった。福岡正信に憧れて自然農をすれば集落の人にどう思われるのか。今なら柔軟に対応できることも当時は全然分からなかった。
そこから一個一個、草刈りのバイトからスタートし、車を買い、建築スキルを身に付け、小屋を建て、本屋を開業しました。しかし現金収入はまだまだ足りないので、特定の組織に所属することなく建築現場や木こりの友人の現場で稼いでいます。
暮らしている町には「たみ」というゲストハウスがあり、「HAKUSEN」というカフェ、「朴訥」という古着屋があります。僕がこの町に来た頃には徒歩圏内に古着屋ができるなんて想像もしていませんでした。オシャレなカフェができることも。
自分自身もどんどん変化していくし、町も変わっていく。日本という国も、世界も変わっていく。
こういう時代の中で暮らし、手探りで生活してきたモリテツヤの記録を尹さんの問いに導いてもらいながらトークしようと思います。皆さま、是非御着陸ください!

詳細はリンク先を御覧ください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfoL7u2lst7ZPwAX3EzGjzPEVR46B6UHVz8_BYXOrmPJh1YCw/viewform
 

2019-11-05 21:26:27

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

畑仲間募集



「消費税増税は終わりの始まりだ」という人もいますが、既に終わっていると仮定してみるのはどうですか。
終わっているなら始めるしかない。新しい生活、新しい文化を。
以前から募集していますが、改めて畑仲間を募集します。
食えて遊べてお金もかからない最高のラウンジ、それが汽水空港ターミナル2(畑)です。
茶室を建て、ウッドデッキをつくり、共同で鶏を飼い、犬や子どもらが車を気にせず走り回れる畑にするのを目指しています。
僕らは基本朝、出勤前に畑へいきます。汽水空港から徒歩15分。どなたも是非。もし興味ある方がいたら店へ遊びにきてください。

消費するのはもうやめだ。家も服も野菜もつくろう。
そして、時々本を買ってください。汽水空港で(笑)

汽水空港 モリテツヤ

2019-10-01 21:24:25

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

汽水空港ターミナル 2 (畑)について

連日の雨が止み、三日ぶりに畑に行けました。
汽水空港の畑は住んでる家の近くにあります。
そこを『汽水空港ターミナル 2』と名付け、今後はもっと開けた楽しい場所にしたいと計画しています!!

今は夏野菜を少しずつ育てています。
森家二人が食べれるくらいの量しか作ってないんですが、来年は汽水空港の軒先に野菜を並べたいなぁと思っています。

今日の収穫物はこれ!ニラ、バジル、イタリアンパセリ、コリアンダーシード



最近は夫が現場仕事に行くことが多く、1人で畑仕事をするんですが、私は畑仕事に関して知識ほぼ0の状態からスタートしました。実家の祖父母は畑も田んぼもしていたんですが、手伝うこともなく、祖父は他界、祖母はずっと病院にいて、もう話せないのでどんなだったか聞くこともできず。
何もわからない状態でのスタートなので、今でもGoogle先生(笑)に尋ねるし、畑の本を持って行って読みながらするし、栽培方法はいろいろありすぎて何が良いのか分からないので、一番やりやすくて楽しい畑になるやり方を選んでやってるくらい素人です(笑)
それでも野菜は育つし、自分で育てたから安全だし、ビニール袋に入ってないからゴミも出ない。
 
今日隣の畑のじいちゃんと最近の気候について話しました。長年畑をしているじいちゃん、ばあちゃんは、昔は畑仕事の最中あまり水分補給をすることなくできてたそうです。
今日も暑い暑いとしんどそうにしてたんですが、今は6月。昔はもっと涼しかったんだろうなぁと話を聞きながら、じいちゃんの体調が心配になりました。
命がけで野菜を作ってる状態です。昔は食べる為に命がけでしてた畑が、今は熱中症で命を奪いかねない畑に変わってしまったように思います。
そしてほぼ毎日食べる野菜がとても高い。だから暑くてしんどいし、ばあちゃんなんて足が痛くて引きずりながら鍬で体を支え移動して、野菜を育てている。そんな姿を近くで見てたら、まだまだ体力のある私ががんばらねば!!と思えてきます。
 
汽水空港ターミナル2では畑したい人を常に募集しています。
畑したいけど一人だとなぁ、、、← 一緒にやりましょう!
うまく育てる自信がない、、、← 私もないです(笑)けど、育ちます!
育て方がわからない← 一緒に調べましょう!
土に触りたい!!← いいもんですよ~(笑)
自分が食べるものは自分で育てたい!!←我が家もそうです!!
とか理由はなんでもいいです。育たなくても、育たなかったね!と言って一緒に笑えばいいのだから(笑)そのくらい、気楽な畑が『汽水空港ターミナル2』だと私は勝手に思っています!!


書きたいことはいっぱいあるんですが、長くなるので追い追い書いていきます。
因みに私は夫と違い語彙力が全然ないので悪しからず(笑)
 
                                                                       モリアキナ
 

2019-06-17 14:46:08

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

テスト飛行

浪漫飛行へインザスカイ

2019-03-06 20:29:42

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

FLIGHT LOGBOOK

汽水空港の畑の様子、日々の制作物、生活を綴る日誌です。

2018-12-27 09:56:05

コメント(0)

もっと読む...

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1

FLIGHT LOGBOOK