×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  FLIGHT LOGBOOK/航空日誌»  早川ユミの「畑しごとの衣服展」»  「早川ユミのちくちく服つくり」小物紹介パート1

「早川ユミのちくちく服つくり」小物紹介パート1

「早川ユミのちくちく服つくり」小物紹介パート1

早川ユミさんの最新刊「早川ユミのちくちく服つくり」に掲載中の小物たちの紹介をします。

まずは
『さいほう箱ふくろ』 P、129に掲載

  

ちくちく刺し子のカラフルでキュートな袋。かわいい缶に入った裁縫道具。
持っているだけでウキウキワクワク楽しくなるようなセットです。
中には、早川ユミさんが作った陶器のボタンも入ってて、一つ一つ形や大きさが違いとってもかわいいです。
なんだか宝箱のようなお裁縫セットです。


続いて
『布ナプキン』P、122に掲載

 

『やわらかくて、ふわふわしていて、あたたかなネル生地をつかって、ナプキンをつくりました。
布のもつやさしさが、いちばん敏感な素肌につたわるものが、布ナプキンです。
赤ちゃんが生まれるところをやさしく、あたためます。
じぶんという自然をやさしさとあたたかさで、くるんであげます。
わたしはぬ布ナプキンをつかうことで、女であることに自己肯定感をもつことができました。
つかい捨てではなく、洗ってくり返しつかえます。洗った水は、土に還しましょう。
多い日は1日6枚、少ない日は1日3枚、ぜんぶで15枚くらいあると安心です。』
(「早川ユミのちくちく服つくり」から引用)

  

ネル生地のふんわり、あたたかな肌触りと、かわいい柄で、つらい時期を和らげてくれそうな布ナプキン。
私も布ナプキンを使い始めて5年くらい経ちますが、早川さんの布ナプキンを見て、触っていると、次は自分で作ってみようと思えました。
生理中もこんなかわいいものを身につけれたら、いいだろうなぁ~


最後は
『ずきん帽子』P、123に掲載

  

『ちいさな布で帽子をつくってみました。冬の寒い日にすっぽりとつつまれると安心です。
とくに耳をあたためると、腎臓にいいと祖母が教えてくれました。子どもだけではなくて、わたしたちも耳をあたためると
からだぜんたいがあたたまります。
素材は、手織りの木綿の布やインドのカンタなど。かぶるとあたたかくて、洗える素材がいいです。』
(「早川ユミのちくちく服つくり」から引用)

このずきん帽子、かぶってみると本当にかわいいんです!!気持ちいいし!!
かぶってると、ほっこりしてきます。冬の畑しごともつらくなくなるかな~笑



さいほう箱ふくろ、布ナプキン、ずきん帽子のつくり方は、「早川ユミのちくちく服つくり」に載ってますので、ぜひ見てみてください。
明日は、服たちを載せます!
お楽しみに~!

                                                      モリアキナ









 

2020-07-18 16:23:03

早川ユミの「畑しごとの衣服展」   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

FLIGHT LOGBOOK