×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  特集『つくる悦び』本»  工夫の連続

工夫の連続

視点を変えるだけで、あらゆるものは素材になる。ゼロから考えずに、すでにあるものをハックする方法を獲得しよう。まわりの環境を変える工夫を身につければ、世界はより豊かで楽しいものになる!
自由に形を考えられるフルーツ・ボウルから駅の階段を使った劇場まで、さまざまなスケールのものを自らの手で作り、考えるための画期的なDIYマニュアル。
ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展への出展などで注目を浴びる建築家、元木大輔による初の著書。

目次
 

[まえがき]デザインは工夫である

フルーツ・ボウル──多様なコンセプト
原始的な家具──前提を疑う
フレーム──リフレーミング、またはローカロリーであること
スツール・ハック──既成のデザインをハックする

[NOTE 01]モダニズムの作った世界

ストレンジ・テンセグリティ・テーブル──かっこわるい素材は存在しない

[NOTE 02]すべては素材である

スポンジ・シェルフ──ゆるさを許容できる形
OAフロア・シェルフ──本来とは違う、ちょうどいい使われ方
ゴールド・パイプ・システム──仮設性について
3面の家具──アイデアは連鎖する
ビスキャップ・チェア──ジョイント・マニア
クッション・モジュール──やわらかいシステムをつくる
万力テーブル──分解可能なデザイン

[NOTE 03]僕らの事務所は完成しない

ラッピング・ソファ──必要なものを足していく

[NOTE 04]分解できることの魅力

ラッシング・ベルト・テーブル──組み立ての可能性

[NOTE 05]都市計画とストリートアート

ベンチをボムする──ガードレールも素材のひとつ
サッカーゴール・パヴィリオン──街は改変可能性にあふれている
団地をムービーシアターに──仮設的に劇場を作る

[NOTE 06]ハックできる街

駅の階段を劇場に──最小限の工夫で劇場を作る

(晶文社HPより引用)

NEW

  • 工夫の連続

  • 販売価格

    1,950円(税抜) 2,145円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品