×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  NEW(新品)»  アイヌの世界に生きる

アイヌの世界に生きる

"茅辺 かのう(著/文)
発行:筑摩書房


アイヌの養母に育てられた開拓農民の子が大切に覚えてきた、言葉、暮らし。明治末から昭和の時代をアイヌの人々と生き抜いてきた軌跡。解説 本田優子

==
「トキさん」は1906年、十勝の入植者の子どもとして生まれ、口減らしのため、生後すぐにアイヌの家族へ養女として引き取られた。和人として生まれたが、アイヌの娘として育った彼女が、大切に覚えてきたアイヌの言葉、暮らし。明治末から大正・昭和の戦前戦後を、鋭い感覚と強い自立心でアイヌの人々と共に生き抜いてきた女性の人生を描く優れた聞き書き。
==

開拓農家に生まれ、アイヌの養母
に育てられ、暮らしと結びついた
アイヌの言葉の記憶を大切に、
激動の時代を生きた女性の人生。

著者プロフィール
茅辺 かのう  (カヤベ カノウ)  (著/文)
茅辺かのう(かやべ・かのう)
1924年、京都生まれ。東京女子大学卒業。1947年、京都大学文学部を中退し、上京。編集者としての仕事の傍ら、労働運動に携わる。1962年、すべてをやめ、単身北海道へ移住し、網走、帯広等で季節労働者として働く。1965年、阿寒湖畔のアイヌの観光土産物屋で働く。1973年、京都へ戻る。思想の科学研究会、京都“家の会”等の活動に参加。著書に『階級を選びなおす』(文藝春秋)があり、評伝として『ある女性の生き方―茅辺かのうをめぐって』(那須耕介他著 編集グループ〈SURE〉)がある。2007年、没。"

NEW

  • アイヌの世界に生きる

  • 販売価格

    840円(税抜) 924円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

関連商品