×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  NEW(新品)»  ジェンダー秩序 新装版

ジェンダー秩序 新装版

"江原 由美子 著
発行 勁草書房

「ジェンダーは、それ自体権力を内包している」。ジェンダー秩序とは〈男らしさ〉〈女らしさ〉という意味でのジェンダーと、男女間の権力関係である性支配を同時に産出する社会的パターンである。社会の領域を貫き、両性の非対称的な社会的実践を生み出し維持するメカニズムを解き明かす。新たに新装版のための序文と本文補注を収録。

新装版への序文
はじめに

Ⅰ 基本的枠組みの検討

第一章 予備的考察――ジェンダー/心/権力
 1―1 「性差」のありか
 1―2 「心」について
 1―3 社会的行為と権力

第二章 ジェンダーの社会的構築
 2―1 ジェンダーの社会的構築
 2―2 二つの言説分析
 2―3 二つの言説分析におけるジェンダーの社会的構築
 2―4 〈脱埋め込み〉と二つの言説分析
 2―5 ジェンダーから「性支配」へ

第三章 構造と実践
 3―1 人格と社会関係
 3―2 構造と実践
 3―3 権力と支配
 3―4 相互行為水準の権力と支配/社会的地位水準の権力と支配

Ⅱ ジェンダー秩序とジェンダー体制

第四章 ジェンダー秩序
 4―1 ジェンダー秩序とジェンダー体制
 4―2 性別分業
 4―3 異性愛
 4―4 言語とジェンダー

第五章 ジェンダー体制
 5―1 ジェンダー体制とは何か
 5―2 ジェンダー体制として何を挙げるべきか
 5―3 〈家族〉
 5―4 〈職場〉
 5―5 〈学校〉

第六章 〈諸制度〉〈儀式〉〈メディア〉〈社会的活動〉
 6―1 〈諸制度〉
 6―2 〈儀式〉
 6―3 〈メディア〉
 6―4 〈社会的活動〉
 6―5 ジェンダー体制の記述とは何か――社会構築主義とのかかわりで

Ⅲ ジェンダーの再生産と変動

第七章 ジェンダー知の産出と流通
 7―1 日常知としての「男らしさ」「女らしさ」
 7―2 ジェンダー・ハビトゥス
 7―3 ジェンダー知の流通――性差の科学を中心に
 7―4 科学的言説が社会成員に与える影響

第八章 ジェンダーと性支配
 8―1 フラクタル図形としてのジェンダー
 8―2 性支配

第九章 再生産・変動・フェミニズム
 9―1 再生産と変動
 9―2 フェミニズム言説成立後におけるジェンダーの再生産


新装版補注
あとがき
参考文献
索引"勁草書房HPより

NEW

  • ジェンダー秩序 新装版

  • 販売価格

    3,500円(税抜) 3,850円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品