×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  NEW(新品)»  死者と霊性 近代を問い直す

死者と霊性 近代を問い直す

“著者 末木 文美士 編
出版 岩波新書

内容
原発事故とコロナ禍は、否応なく見えざるものの力を思い知らしめた。見えざるものである死者たちと私たちの関係にも、いま新たな変化が生じている。末木文美士、中島隆博、若松英輔、安藤礼二、中島岳志、眼に見えない領域をめぐって独自の思索を続けてきた五名が、死者と霊性をキーワードに、来るべき時代について討議する。

目次
《提 言》近代という宴の後で┄┄┄┄┄末木文美士


《座談会》死者と霊性――末木文美士(司会)・中島隆博・若松英輔・安藤礼二・中島岳志

第Ⅰ部
はじめに――コロナ禍のなかで
死者とのつながり方
転換期としての二〇〇〇年代
二つの震災をめぐって
一〇〇年単位と一〇〇〇年単位

第Ⅱ部
「近代」のとらえ方
一九世紀のグローバル化と神智学
インドの近代と霊性
中国の近代と霊性
日本の近代と霊性
言語の余白について

第Ⅲ部
死者たちの民主主義
「政教分離」と「メタ宗教」
「宗教」と「国家」の再定義へ
「メタ宗教」の条件
天皇と国体をめぐって
哲学と宗教の再興に向けて


死者のビオス┄┄┄┄┄┄中島岳志

死者と霊性の哲学――西田幾多郎における叡知的源流┄┄┄┄┄若松英輔

地上的普遍性――鈴木大拙、近角常観、宮沢賢治┄┄┄┄┄中島隆博

「霊性」の革命┄┄┄┄┄安藤礼二

あとがき

著者略歴
末木文美士(すえき ふみひこ)
1949年生まれ。
東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)
専攻-仏教学、日本思想史。
現在-東京大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。
著書-『日本宗教史』(岩波新書、2006年)、『日本仏教入門』(角川選書、2014年)、『思想としての近代仏教』(中公選書、2017年)、『『碧巌録』を読む』(岩波現代文庫、2018年)、『冥顕の哲学1死者と菩薩の倫理学』(ぷねうま舎、2018年)、『日本思想史』(岩波新書、2020年)、『日本の思想をよむ』(角川ソフィア文庫、2020年)ほか”

(岩波書店HPより)

NEW

  • 死者と霊性 近代を問い直す

  • 販売価格

    860円(税抜) 946円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品