×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  NEW(新品)»  ムントゥリャサ通りで〈改装版〉

ムントゥリャサ通りで〈改装版〉

M.エリアーデ(著)直野 敦(訳)
発行:法政大学出版局 

紹介
第二次世界大戦後のルーマニアの政情を背景に,現実世界と神話的世界の交錯のうちにカフカ的状況がかもし出される。宗教学者・文学者エリアーデの代表的幻想小説。

著者プロフィール
M.エリアーデ  (エリアーデ ミルチャ)  (著)
(Mircea Eliade)
ルーマニアの世界的な宗教学・宗教史学者。1907年首都ブクレシュティ(ブカレスト)に陸軍将校を父として生まれる。ブクレシュティ大学でナエ・ヨネスクを師に哲学を学ぶ。1927、28年イタリアに留学。また29-31年インドに留学しこの研究生活を通じて宗教学・宗教史学者としての彼の方向が決定づけられる。帰国後33年から母校で哲学を講義、38-42年パリで宗教学研究誌『ザルモクシス』を刊行。40年ロンドンのルーマニア文化アタッシェに任命される。それ以後エリアーデは国外を活動の場として、46年ソルボンヌ大学宗教学講師、57年からはシカゴ大学神学部宗教史学科主任教授をつとめた。1986年死去。主な著書の『聖と俗』、『永遠回帰の神話』、『シャーマニズム』などが翻訳されている。

直野 敦  (ナオノ アツシ)  (訳)
1929年生まれる。一橋大学社会学部修士課程修了。東京大学名誉教授。文化女子大学教授。訳書:M.エリアーデ『セランポーレの夜』ほか多数。

  • ムントゥリャサ通りで〈改装版〉

  • 販売価格

    2,500円(税抜) 2,750円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品