×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  NEW(新品)»  力なき者たちの力

力なき者たちの力

ヴァーツラフ・ハヴェル(著/文)阿部 賢一(翻訳)
発行:人文書院 

紹介
無力な私たちは権力に対してどう声をあげるべきか?
チェコの劇作家、大統領ヴァーツラフ・ハヴェルによる
全体主義をするどく突いた不朽の名著
真実の生をいきるために私たちがなすべきことは何か

すべてはロックミュージシャンの逮捕から始まった――。かれらの問題は自分たちの問題だと共鳴した劇作家は、全体主義の権力のあり様を分析し、「真実の生」、「もう一つの文化」の意義を説く。このエッセイは、冷戦体制下の東欧で地下出版の形で広く読まれただけでなく、今なおその影響力はとどまることを知らない。形骸化した官僚制度、技術文明の危機を訴える本書は、私たち一人ひとりに「今、ここ」で何をすべきか、と問いかける。無関心に消費社会を生きる現代の私たちにも警鐘をならす一冊。解説、資料「憲章77」を付す。

東欧の民主化から30年、人権と自由を考えるために今なお重要なテクスト。「力のない人びと」の可能性とは?
本邦初訳!

目次
力なき者たちの力(一~二二)

【資料】憲章77
訳注
解説
訳者あとがき

著者プロフィール
阿部 賢一  (翻訳)
阿部 賢一(あべ・けんいち) 1972年、東京生まれ。 東京外国語大学大学院博士後期課程修了、博士(文学)。パリ第Ⅳ大学(DEA取得)、カレル大学で学ぶ。 現在、東京大学人文社会系研究科准教授。専門は、中欧文化論、比較文学。 著書に『イジー・コラーシュの詩学』(成文社、2006)、『複数形のプラハ』(人文書院、2012)、『カレル・タイゲ ポエジーの探究者』(水声社、2017)、など。訳書に、フラバル『わたしは英国王に給仕した』(河出書房新社、2010/2019)、オウジェドニーク『エウロアペナ』(共訳、白水社、2014、第一回日本翻訳大賞)、フラバル『剃髪式』(松藾社、2014)、セイヤー『プラハ、20世紀の首都』(共訳、白水社、2018)、ベロヴァー『湖』(河出書房新社、2019)など。

  • 力なき者たちの力

  • 販売価格

    2,000円(税抜) 2,200円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

関連商品