×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

毎日新商品upを心掛けますのでみなさまよろしくお願いします♡
通販のオマケも出来次第おつけします。

 

※ 2024/1/29(金) 19:00 ~ 2/9(金) 10:00 まで発送ができないため、この期間のみカートを停止いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
 
HOME»  NEW(新品)»  ガーナ流 家族のつくり方 世話する・される者たちの生活誌

ガーナ流 家族のつくり方 世話する・される者たちの生活誌

"小佐野 アコシヤ 有紀(Akosua Yuki OSANO)著
発行 東京外国語大学出版会

20歳の大学生だった私が留学先のガーナで出逢ったのは、
血縁を超えた家族関係を結ぶ人々だった
 “理想の家族像”を揺さぶられ続けるフィールドワークを瑞々しく書き綴った卒業制作を書籍化

「ガーナでは、血のつながりよりも社会的な役割を果たしているかどうかの方が重要なんだ。
だから君が贈り物をしたり、面倒を見たり、関わり続けさえすれば血はつながっていなくても家族になれる。
続けること、さぼらないことが重要なんだ」

本書「さぼらないこと」より

【目次】
 どこにでもある家族関係について
 第一章     ガーナについて
               ガーナの味わい深さ/私がガーナに戻った理由
               /ガーナ生活が始まる/アコシヤって呼んで
               /チュイ英語のナゾ/日曜日の過ごし方
               /ため込まないこと/「大丈夫」のシャワー
               /オビビニとオブロニ/なんでふたをあけないの?
               /レシピ:ジョロフライス
 第二章     エドゥビアでの日々
               中庭の夕方/エマニュエル兄さんの夢
               /きょうだいたちの結び目/世話されることの意味
               /私の姉になる人
               /レシピ:生のピーナッツを入れたライトスープ
 第三章     世話でつながりを編む
               私のフィールドワークについて
               /家族関係を表す言葉について/子育てする祖母たち
               /あなたの祖父母はどんな人?
               /子どもたちは見た! おじいちゃん・おばあちゃんの日常
               /結婚を契機とした家族/それでも子育ては女性の仕事
               /「小さなガーナ」の子どもたち
               /お母さんがいっぱい/関係性は継がれてゆく
               /日本人のお父さん/子育てはみんなでするもの
               /心を自由にする練習/レシピ:TZとアヨヨシチュー
 第四章     揺れ動く家族関係
               いろんな人に育てられるということ/働きながら家族をつくる
               /満たされないもの/愛があるのないの
               /引き取る側のものがたり/家族を選ぶ/おばたちと私
               /レシピ:いろんなアンペシエとフフ
 第五章     関係性の宿る場所
               離れていても育つもの/私とイッイー
               /分かち合うことが家族をつくる/親しさを更新する
               /さぼらないこと/家族が宿る場所
               そのときにしか築けない家族関係について
               フィールドの家族たちへの手紙
               参考文献
               解説 フィールドワークは終わらない(大石高典)

小佐野 アコシヤ 有紀(Akosua Yuki OSANO)
東京外国語大学国際社会学部アフリカ地域専攻卒業(2020年度)。交換留学生として約1年間ガーナ大学に在籍しながら、世話する・されることにより築かれる家族関係についてのフィールドワークを行なった。趣味はフィールドワークとインタビュー、森林散策、本を読むこと。"版元HPより

NEW

  • ガーナ流 家族のつくり方 世話する・される者たちの生活誌

  • 販売価格

    2,200円(税抜) 2,420円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品