×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

毎日新商品upを心掛けますのでみなさまよろしくお願いします♡
通販のオマケも出来次第おつけします。

 

※ 2024/1/29(金) 19:00 ~ 2/9(金) 10:00 まで発送ができないため、この期間のみカートを停止いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
 
HOME»  NEW(新品)»  台湾ホモナショナリズム 「誇らしい」同性婚と「よいクィア」をめぐる22人の語り

台湾ホモナショナリズム 「誇らしい」同性婚と「よいクィア」をめぐる22人の語り

"著者 松田 英亮 著
発行 花伝社

台湾は本当に「LGBTユートピア」なのか?
22人のマイノリティの語りに向き合い読み解かれる、
揺れ動く台湾の実相と、いくつもの〈性/生〉の「現在地」


「台湾のホモナショナリズムとは、共同体としての異性愛規範は維持しつつ、台湾をアジアにおいて例外的に「同性愛に寛容」な場とし、(…)国家・文化的な優位性を特徴付ける形で、同性愛者を国家に内包する言説」であると同時に「「台湾という存在自体」を維持することに寄与している」──

(本書「おわりに」より)

序章 「台湾=LGBTユートピア」像の広がり   
第1章 ホモナショナリズムはどのように語られてきたか
第2章 反婚視座をめぐるアンビバレンス
第3章 ナショナルプライドをめぐるアンビバレンス 
第4章 「われわれ台湾」vs「かれら中国」で見えなくなること 
第5章 国際同性婚における「一國四制」と理想的移民像  
終章 名もなき運動や声と共に
あとがき"版元HPより

NEW

  • 台湾ホモナショナリズム 「誇らしい」同性婚と「よいクィア」をめぐる22人の語り

  • 販売価格

    1,800円(税抜) 1,980円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品