×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

毎日新商品upを心掛けますのでみなさまよろしくお願いします♡
通販のオマケも出来次第おつけします。

 

※ 2024/1/29(金) 19:00 ~ 2/9(金) 10:00 まで発送ができないため、この期間のみカートを停止いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
 
HOME»  NEW(新品)»  痛みの〈東北〉論 -記憶が歴史に変わるとき-

痛みの〈東北〉論 -記憶が歴史に変わるとき-

”山内明美 著
発行 青土社

忘れないことと、消し去らないこと
三陸の漁師たちの声、「外国人花嫁」たちの声、そして石牟礼道子や宮沢賢治、森崎和江らの声が響き合い、時空を超えて〈東北〉の実相を浮かび上がらせる。
東日本大震災の直後から今に至る軌跡が綴られる、歴史の声のかたち。

line2.gif

[目次]

はじめに 足元のジェノサイドを掘り起こすとき 

南三陸〈感情島〉 

南三陸〈感情島〉――海と生きる 

〈東北〉が、はじまりの場所になればいい  

ポスト311課題先進地から考える、もうひとつの社会構想 

精神の離散と祈り 

苦海浄土と三月一一日の祈り 

自感する宇宙 

明日なき《世界》——つぎつぎとなりゆく犠牲 

東日本大震災からの一〇年目 そして︑関東大震災から九八年目に 185

共時的記憶の《世界》 

女性視点から考える〈三陸世界〉 

〈三陸世界〉に生きるということを学ぶ 

日本型複合差別-試論――核をめぐるインターセクショナリティ 

無名の思想――森崎和江のさいはて 

水俣病事件一〇〇年目に、〈東北〉から 

あとがき

line2.gif

[著者] 山内明美(やまうち・あけみ)
1976年、宮城県南三陸町生まれ。宮城教育大学教育学部准教授。専攻は歴史社会学、社会思想史。著書に『こども東北学』(イースト・プレス)がある。共著に『「辺境」からはじまる――東京/東北論』(明石書店)、『岩波講座 現代 第4巻 グローバル化の中の政治』、『ひとびとの精神史 第3巻 六〇年安保――1960年前後』(以上、岩波書店)、『忘却の野に春を想う』(白水社)などがある。”版元HPより

NEW

  • 痛みの〈東北〉論 -記憶が歴史に変わるとき-

  • 販売価格

    2,600円(税抜) 2,860円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品