×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  こんな方向がいいんじゃないか?特集»  世界の土・日本の土は今 地球環境・異常気象・食料問題を土からみると

世界の土・日本の土は今 地球環境・異常気象・食料問題を土からみると

"著者 日本土壌肥料学会 編
発行 農文協

2013年12月に行われた国際連合総会において、12月5日を世界土壌デーと定め、2015年を国際土壌年とする決議文が採択された。決議文には「土壌は農業開発、生態系の基本的機能および食糧安全保障の基盤であることから、地球上の生命を維持する要」とあり、急激に進む砂漠化、土地劣化や干害などの解決を訴え、12月5日を「世界土壌デー」と定めた。
本書は、日本土壌肥料学会の第一線研究者が、地球上の土壌劣化の厳しい現実とともに、食も含めた我々の暮らしと土壌のかかわり、および課題を提起した書である。

目次
はじめに
PART1 土のことを考えてみよう
 私たちにとって土とは何だろう
PART2 なぜ土壌は劣化するのか
 世界の土壌は今 土壌劣化の現実(砂漠化と風食、水食、土壌塩類化、有機物消耗)
 よりくわしく知りたい人のための 土壌劣化のメカニズム
PART3 世界の土壌 日本の土壌
 地球に生まれた個性的な土壌たち
 豊かで多様な日本の土壌
PART4 田んぼの土を考える
 田んぼと水田土壌が支えてきた「もの」と「こと」
 田んぼの土に現れ始めた異変
 【カコミ】日本の農地土壌の変化を追う
PART5 食と農業から土壌と環境を考える
 私たちの食が日本の土壌と環境を壊している
 今 私たちが考えなければならないこと"農文協HPより

NEW

  • 世界の土・日本の土は今 地球環境・異常気象・食料問題を土からみると

  • 販売価格

    1,000円(税抜) 1,100円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品