×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  NEW(新品)»  生薬と漢方薬の事典

生薬と漢方薬の事典

"田中耕一郎  編著
発行 日本文芸社

漢方の処方によく使われる生薬と漢方薬の事典。

漢方の元となる生薬図鑑では、
119の主な生薬について、元となる植物を、
写真と細密なイラストで紹介。
薬効や処方だけでなく、生薬に対する知識や理解を
より深めることができます。

不調やトラブルに対する漢方処方は、
体質や病邪からみています。
どんな体質の人がその症状に陥りやすいのか
どこに原因があるのか、どの漢方薬を処方するのか。
およそ30の症状について個別に解説しています。
専門家による「証」を基準とせず、
体質で判断できるので、
一般の方にもわかりやすい内容です。

漢方薬については、298処方の
適応症状、体質、分量、出典などを紹介。

漢方を学ぶ人だけでなく、
漢方薬局や漢方処方に興味のあるすべての方に
おすすめの一冊です。


【本書の内容】
1章 漢方とは何か
2章 生薬図鑑
3章 症状と漢方処方
4章 よく使われる漢方薬

著者コメント
東洋医学は、覚えてすぐに使える知識というよりは、「腑に落ちて」自分のものとする「智恵」に近い部分をもっています。その「熟成」過程は単に頭の中を情報でいっぱいにするのではなく、自然の事物や人を深く観る目をしっかりと育ててくれます。東洋医学は日々の生活ととても関係が深いので、「基本的なお約束」という難所を越えれば、道が随分開けてきます。その点では語学を学ぶのと似ています。あとはあらゆる状況で学んだことを、柔軟に運用していくことが大切です。「東洋医学とは非常に柔軟なものです」とは、私が師匠から教わった大切なことばのひとつです。あまり「勉強」だと思わず、好きなところから楽しんで読んでいただければと思います。"日本文芸社HPより

NEW

  • 生薬と漢方薬の事典

  • 販売価格

    3,000円(税抜) 3,300円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品