×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  NEW(新品)»  狩猟と供犠の文化誌

狩猟と供犠の文化誌

『ヒトの生存のための基本的な手段である〈狩猟〉のいとなみや、神と人間と自然の三項を祭祀の場で象徴的に関係づける〈供犠〉儀礼をとおして、血と暴力をもふくむ人間と自然との本源的な関係を再検討する。

【目次】
[Ⅰ文化としての殺生と狩猟]
殺生罪業観の展開と狩猟・漁撈=原田信男
殺生罪業観と草木成仏思想=中村生雄
日本中世狩猟文化史論序説=中澤克昭
アイヌの狩猟文化──菅江真澄の日記を手がかりとして=赤坂憲雄
なめとこ山の死の贈与=中路正恒

[Ⅱ供犠の論理と供犠の民俗]
自然破壊と人身供犠=秦康之
天津罪考──神話の中の供犠=平林章仁
人間鉄骨論=三浦佑之
人柱の思想・序論──人を守り神にする方法=六車由実
送り儀礼の民俗考古学──野生と合理性=佐藤宏之
首の贈与論──中国雲南省族の首狩り儀礼について=岡部隆志
イスラムの犠牲祭と供犠獣=堀内勝』

(森話社HPより)

  • 狩猟と供犠の文化誌

  • 販売価格

    3,200円(税抜) 3,520円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品