×

SHOPPING

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  こんな方向がいいんじゃないか?特集»  まともがゆれる: 常識をやめるスウィングの実験

まともがゆれる: 常識をやめるスウィングの実験

"著者 木ノ戸昌幸 
発行 朝日出版社

「できない」ままで生きてもいい!
自分の欠点ではなく「世の中が押し付けてくるまともな生きかた」と戦う術。

親の年金でキャバクラに通い、そのたび落ち込んで引きこもっていた増田さん。
何をやっても自信が持てない、一応「健常」な施設スタッフ沼田君。
毎夕、意味不明なワン切りを必ずしてくるひーちゃん。
「足が腐った」とか「定期をトイレに流した」とか、まばゆいばかりの屁理屈で仕事をサボろうとするQさん……。

障害福祉NPO法人「スウィング」に集う、障害を持つ人・持たない人たちの「できないこと」にこだわらないエピソードと、心の栓を抜く、脱力しきった詩の数々。

誰かが決めた「まとも」を見つめ直し、ゆらしたりずらしたりすることで、それぞれの生きづらさを緩めるヒントとなる一冊。"朝日出版HPより

NEW

  • まともがゆれる: 常識をやめるスウィングの実験

  • 販売価格

    1,560円(税抜) 1,716円(税込)

  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

関連商品